お米産

おかわり

本を売りました。しかし好きなものを残すと言っても

こんにちは、お腹が出てきたお米です。無職だとやはり運動量は減りますね。
 
 
今日は某古本屋で本とDVDを売ろうと思ってます。
 
 
ぼくは漫画が好きです。昔からよく寝るまえに読んでいました。昔はスラムダンクとかライジングインパクト、アイズなどの少年ジャンプの漫画をよく見てました。今はあまりこだわらずにネットで皆がオススメしている漫画を古本屋で安く探して読んでます。(作者の皆さん、新品で購入せず、すみません。)
 
 
ちなみに最近面白かったのはキューティーミューティーと、残酷な神が支配するですね。前者は可愛い少女たちが性的に辛い目に合う話です。冒頭の「ドキドキが待っているんだから」と言って日常賛歌をした後は、その言葉をがつがつ覆してくるので堪りません。後者の漫画は美しい青年たちが性的に辛い目に合う話です。それ以上要約することはぼくには出来ません。
適当に言いましたがどちらも傑作なのでオススメします。 
残酷な神が支配する(1) (小学館文庫)
 

 

 

ただ、もうそろそろ置き場所がなくなってきました。ですので、もう読まないかなと思う本を某古本屋に売ろうと思った次第です。
 
 
持ってきたのは、アニメDVDBOXと文庫漫画が25冊くらいです。DVDBOXには期待したいところですが、ブルーレイ化されているのであまり価値がないかもしれません。
 
 
と、書いているとここで電車を乗り間違えました。昔からおっちょこちょいなので文章書いてて普通に乗り過ごしました。なので某古本屋に着くまでは書かないことにしましょう。
 
 
 
着きました。
売りました。
さて、結果から言います。
 
 
DVDBOXは2500円
漫画の文庫は14点で2400円
計4900円でした。
 
 
これは高いのか安いのかいまいちよくわからないですが、予想が2000円行けばいいかなぁ〜と思っていたので割と良い値に思えます。
売れなかった本もけっこうあります。それはこれから某古本屋2で売ってきます。
 
 
 
 
はい、売れました。14点で220円ほど。某古本屋と凄い差がありますが、引き取り不可の本ですからね。売れるだけ良しとします。
 
 
 
さて、これである程度好きなものばかりの本棚になりました。でも本棚を見るとなんだか変な気持ちになります。すっきりして嬉しいですし、今後もちゃんと選別して好きなものだけを手元に置いておこうと思いますが、なんだか好きなものだけがある逆に気味の悪くなった本棚にも見えてきます。今までは「好き」「普通」「そこまで好きじゃない」のバリエーションがあったのが、「好き」だけになってしまった途端、さらにこの中から「好き」「普通」「そこまで好きじゃない」のランクができてしまうような居心地の悪さと言いましょうか。どんなコミュニティーにも格差が存在するというか、嫌が応にも優劣をつけてしまいたい自分の嫌らしい性が見えてくるようです。でもとりあえずは部屋が落ち着きました。
 
 
 
この5000円はまた次の本を買う資金にしたいと思います。早速アイズ5巻を書いました。文庫版コンプリートです。